経済的な負担を抑える方法|憧れの街に引越しするなら|新し人生のお供に

憧れの街に引越しするなら|新し人生のお供に

作業者

経済的な負担を抑える方法

女の人

基本を知って比較する

引越しの費用は、それを行う時期や距離、荷物の量などによって差が出てきます。時期では3月〜4月にかけては入学や就職などによる引越しシーズンとなるため、引越し業者にとっては繁忙期に当たります。そのため、通常より費用も高めになってしまいます。そして移動距離によっても費用が異なり、距離の区切りで費用の段階が決められています。荷物の量も梱包資材や人件費がこれによって左右されるので、少ない方が基本的に費用も安く済みます。このような内容は、引越し業者間では基本となっています。しかし、業者によって費用の設定自体が違ってくるため、業者を選ぶときは費用を比較していった方がおすすめです。業者によっては競合を意識して値引きしてくれる場合もあるので、業者を選ぶときは複数のところから見積りを請求しておくといいでしょう。この比較で、お得な引越し業者に決めていくことができます。

ちょっとした工夫

一般的な引越しにおける費用の相場は、繁忙期以外では単身世帯で3万円前後、4人家族では7万円となっています。この相場はオプションを含んでいませんが、エアコンの脱着や廃棄処分費があればさらに高くなります。この点もよく考えてから、計画的に作業を依頼していかなければいけません。さらに費用を抑えていく工夫では、繁忙期の時期をできるだけ避けた方がいいです。3月に入る前に引越しを済ませておく、または可能であれば4月に入ってから行う方法でも安く抑えられる可能性があります。また、荷物の梱包をできるだけ自分たちでしておく方法や、引越し先が近距離であれば持って行ける荷物をあらかじめ運んでおくのもいいでしょう。オプションに関しても、廃棄処分は引越し業者に限らず無料で回収してくれるところもあるので、情報を調べておく必要があります。